唐津市S様邸 外壁塗装① ~高圧洗浄の様子~

2021/04/07 高圧洗浄
唐津市S様邸

皆様こんにちは!(^O^)/
伊万里市を拠点に佐賀県内、長崎県北(佐世保市など)を中心に外壁塗装・屋根塗装を行なっている株式会社タカヤマです!

今回は唐津市で外壁・屋根塗装のご依頼をいただきましたので、塗装前の高圧洗浄の様子をお届けします。

まず外壁の様子ですが、各所に全体的に白っぽくなっている部分があります。
これはチョーキング、白亜化現象とも呼ばれる現象で、指で触ると白い粉がつく状態です。
この白い粉は塗料が劣化することによって塗料の成分が分解されて顔料が表面に浮き出している状態です。
この状態をずっと放置していると塗装による外壁の保護性能がだんだん失われてしまい、雨水が侵入してコケやカビ、ひび割れの原因になります。

外壁の保護性能が失われると家の寿命が一気に縮むことになりますので、ご自宅の外壁の状態が気になる方はぜひタカヤマの無料診断をご利用ください(*^_^*)

まずは屋根の洗浄です。
洗浄の基本は汚れが流れるので上から行います。
ただ均一に水流を当てるだけでなく、屋根の状態も確かめながら丁寧に汚れを落としていきます。

次は外壁の洗浄です。
写真は洗浄前の外壁の状態で、やはりチョーキングが目立ちます(^_^;)

隅まで丁寧に洗浄していきます。
チョーキングで発生した粉はしっかり落としておかないと仕上がり後の耐久性に影響するので洗い残しがないように何度も確認してしっかりと洗浄していきました!

洗浄後の外壁です。
若干白っぽい部分が多くなっているのは劣化した塗料が剥がれたためです。

洗浄が終わったので次回からはいよいよ塗装に入ります!