唐津市S様邸 外壁塗装②~下塗りから中塗りまで~

2021/04/14 外壁塗装

皆様こんにちは!(^O^)/
伊万里市を拠点に佐賀県内、長崎県北(佐世保市など)を中心に外壁塗装・屋根塗装を行なっている株式会社タカヤマです!

本日は唐津市のS様邸の続きです。
先日高圧洗浄が終わりましたのでいよいよ塗装に入ります。

まずはローラーで広い面を塗る前に細かい部分をハケ取りといって、ハケで丁寧に塗る作業を行っていきます。
 

塗る順番は洗浄と同じく上から下へ、が基本です。
軒天部分も丁寧に塗装していきます。

外壁の目地部分もハケでしっかり塗っていきます。
継ぎ目となっている部分は塗り残しがないように塗らないと防水性に関わる部分なので丁寧に塗っていきます。

そしてローラーで広い面を塗っていきます。
塗装面はしっかりとした膜になることで防護性能が発揮されるのでムラがないように丁寧かつ手早く塗っていきます。

下塗りが終わったら十分な乾燥時間を置いてから次の塗装を行います。

↑しっかり1日の乾燥時間(インターバル)をとった後の中塗りです。今回は凹凸面の塗装でしたので刷毛取り部に機材を使用しながら隙間なく塗装しています(^^)

各面のキワ取り後はローラーを縦横と転がしムラを残さず均一に中塗りを進めていきます♪

 

中塗り完了です。下塗り同様に乾燥時間を置き次は仕上げとなります。

濃淡色の壁面に付帯部は白系となっていますので養生を剥ぐ時が楽しみです(^。^)

では、また次回もご覧ください!