長崎県佐世保市 i様邸 外壁塗装・屋根塗装 〜一連の流れ〜

2020/12/09 外壁塗装

こんにちは!

今回は佐世保市のi様邸の外壁塗装・屋根塗装の一連の流れをまとめてお送りします。

今回は外壁の目地や窓のサッシ周りにクラック(ひび割れ)が発生していました。

こういったクラックを放置しているとそこから雨水が侵入する危険性があります。

雨水が内部に侵入すると内部の腐食で家の寿命を大幅に短くなってしまう可能性があるので早めの対処が必要です。

不安な方はタカヤマでは無料診断も行なっておりますのでお気軽にご相談下さい。

まずは屋根と外壁を洗浄していきます。

当然ですが、汚れが残ったまま塗料を塗ってしまうと仕上がりに影響していきますので洗い残しがないように何度も確認しながら作業を行います。

下地の補修の様子です。

クラック部分にコーキングを行なって補修していきます。

コーキングをうったところはしっかり埋めて空気を抜いていきます。

こういったところを丁寧に行うことで補修部分が長持ちします。

下塗り(フィラー)の様子です。

フィラーは外壁の凸凹、クラックなどを補修してくれます。

下塗りには下地と上の塗料をしっかり接着させる部分なのでここを丁寧にやることで仕上がりに差が出てきます。

こちらは中塗りの様子です。

中塗りを行うことで上塗りの塗料の性能をしっかり発揮させて耐久性を高めることができ、仕上がりも美しく仕上がります。

下塗りがしっかり塗られているので中塗りもとても塗りやすかったです。

そして外壁の上塗りです。

下塗り、中塗りの後はしっかり乾燥時間を設けて次の工程を行なっています。

乾燥時間が不十分だと塗料の性能がしっかり発揮できませんのでタカヤマでは天候も考慮してしっかり乾燥時間を設けています。

ローラーでの作業は縦塗り、横塗りと工夫して透けがないように意識してしあげています。

こちらが外壁の上塗り終了後の写真です。

塗る前とは大違いなのがわかるでしょうか?

私たちの武器である細部まで丁寧に!がしっかりできたと思います。

こちらは屋根の下塗り(シーラー)の様子です。

シーラーは材料の吸い込み止めや密着性のアップ、下地の補強の役割があります。

外壁もそうですが、屋根は特に雨風、直射日光にさらされるので耐久性を高めるために隙間や段差にもしっかり材料が入るように工夫して塗っています。

屋根の中塗り、上塗りを経て仕上がった屋根の写真です。

ご自分の家の屋根はなかなか見る機会は無いと思いますが、家を守る大事部分です。

ムラなく綺麗に仕上がっているので5年後10年後が楽しみです。

こちらが仕上がりの写真です。

当社の武器である細部まで丁寧に、を実践してムラなく綺麗に仕上がったと思います。

外壁、屋根は見た目だけでなく家を保護する大事な部分です。

ひび割れや劣化がひどくなってしまった後では補修箇所が多くなり高額な補修費用がかかる可能性が高くなります。

見た目は綺麗でも年数が経って不安を感じている方はタカヤマの無料診断を一度受けてみてください。