伊万里外壁塗装 ~伊万里市 K様邸~

2020/04/06 外壁塗装

岩崎:新年度のタイミングで塗装をしようと楽しみにお正月よりご予約されました4月を迎えての工事開始です(^▽^) 長らくお待ちされていらっしゃたところに塗装後の楽しみも膨らんでいらっしゃる事と思います(^O^)

楽しみにその時までお待ちくださいね(^^♪

それでは作業風景です。

経年劣化によるチョーキングも全体的に広がっていましたが要所に合わせた高圧洗浄をすることで既存塗膜を傷つけずに汚染物を取り除けました。ただ高圧のみを優先し洗浄を行うとサイディング自体にキズをつける事があるので外壁の劣化状況など建物全体を把握し施工する事が大切です。

↓↓↓

各所に有ります開口部も注意点の1つです。開口部の形状によって適正な洗浄を行わないと建物内に外壁を洗浄している時の汚水が入り込んでしまいますので要注意の箇所です。

↓↓↓洗浄後は日を置いて養生後に下塗り中塗りと進んで行きます。

  (下は軒天や上裏と言われる箇所です)

塗装を重ねる事に色が深く入っていくところが気持ちいいです(^O^)

その分、塗料の機能や性能も発揮できますしね!ちなみにこの塗料は防藻・防カビを主として設計されてます(o^―^o)

↓↓↓こちらは下塗り後の外壁です。

外壁の痛みも強めでしたので下塗りを2度重ねて塗りました!これで安心して中塗りができます  ヽ(^。^)ノ♪

中塗りの色を仕上げと分けていたので上塗りの際に塗り残しやムラも作らずに

仕上げやすくなります!

雨樋の塗装は刷毛目が出やすく腕の見せ所です(^・^)

狭くて刷毛が入りにくい所はローラーで仕上げていきます(^・^)

鉄部は目荒らしを完全に行い錆び止めです。

☝DIYで錆が出てないから大丈夫と錆び止めされてる方もいらっしゃいますけど

だめですよー

錆び止め後もインターバルが必然。その後に仕上げていきます(^・^)